« 【書評】マーブル・アーチの風 著者:コニー・ウィリス | トップページ | 【書評】生命40億年全史 著者:リチャード・フォーティ »

2009年2月11日 (水)

【書評】この世でいちばん大事な「カネ」の話 著者:西原理恵子

この世でいちばん大事な「カネ」の話読了○。この本が売れていると言う話は聞いていた。文章ばっかりで、マンガが殆どないという話も聞いていた。マンガなし?それはどーよ?せっかく西原さんに書かせるんだったら、マンガでやれば?と思っていたのだが。

そんなことないです。文章だけで十分伝わりました。てゆーか、マンガだと多分いつものノリでギャグを入れずにはいられなかったでしょうけど、文章だけだから直球勝負で。はい。

ヨメさんと協議の結果、ウチの息子たちに課題図書として読むことを義務付けることに決定しました。

|

« 【書評】マーブル・アーチの風 著者:コニー・ウィリス | トップページ | 【書評】生命40億年全史 著者:リチャード・フォーティ »

150 ノンフィクション」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【書評】この世でいちばん大事な「カネ」の話 著者:西原理恵子:

« 【書評】マーブル・アーチの風 著者:コニー・ウィリス | トップページ | 【書評】生命40億年全史 著者:リチャード・フォーティ »