« ブログの効用 | トップページ | 【書評】この世でいちばん大事な「カネ」の話 著者:西原理恵子 »

2009年2月10日 (火)

【書評】マーブル・アーチの風 著者:コニー・ウィリス

マーブル・アーチの風読了○。コニー・ウィリスの最新短編集。去年出てたのね。見逃してました。

表題作はわりとシリアスな中篇。SFじゃなくって普通の小説。もう若くない、ということに気づくということはどういうことか。なにやら身につまされてね。

他に短編が1つ、どたばたラブコメ調SF中篇が3つ。テンポのいい男女の掛け合い、もちろんキライではないのだが、やっぱこの人の本領は長編だと思う。次の長編はいつ邦訳になるのかなあ。

|

« ブログの効用 | トップページ | 【書評】この世でいちばん大事な「カネ」の話 著者:西原理恵子 »

110 小説」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【書評】マーブル・アーチの風 著者:コニー・ウィリス:

« ブログの効用 | トップページ | 【書評】この世でいちばん大事な「カネ」の話 著者:西原理恵子 »