« 【書評】生命40億年全史 著者:リチャード・フォーティ | トップページ | 【書評】ブラック・ダリア 著者:ジェイムズ・エルロイ »

2009年2月13日 (金)

おたく系男子は意外といいのだが その2

ブログを始めて5ヶ月、今までで最もアクセスが多かった記事は、というと、おたく系男子は意外といいのだが がダントツですね。普段の数十倍のアクセスがありました。まあこれは理由ははっきりしていて、ココログの注目記事に取り上げられたから。

だからこれがホントにそれだけの注目度があるネタだとは思わないけれど、でもまあ、それなりには関心を集める話題ではある、と判断しています。おたく系男子の結婚問題、或いはおたく系男子の恋愛問題、は。

でもね、実を言うとあの記事でバナーを張っていた結婚紹介サイトからは、提携を断られました。趣旨に合わない、ってことで。ちょっとショック。ふつう、提携を断られるっていうのは、どうなんでしょうか、けっこうあることなの?わりと軽いノリで記事を書き、バナーを張り、ってやってるんだけど、はっきり断られたっていうのは、あんまり経験がない。

あれですかね、やっぱ私が思っている以上に、おたく系男子に対する世間の目は厳しい、ってことなんですかね?結婚紹介サイトなんて、相性よさそうなのになあ。以前、おたく系男子を紹介してクレームになったとか?

とりあえず、おたく系男子OKの女子を集めるところから始まるのかな。おたく系男子NGの女子は入会できないお見合いサイトってどうですかね?これはおたく系男子登録しやすい、か?おたくだから断られたっていう言い訳が効かない分、かえってハードルが高いか?いやそれ以前にそんな子いるの?っていうのはナシでお願いします。

もっとゆるい出会いの場が必要なんだろうな。それと結婚に対する意思が。でもそれはおたく系男子に限ったことじゃないよな。

ちょっと焦点がボケますなあ。少なくとも私自身が何かこの件で貢献できるとして、マッチング自体には興味はないということははっきりしたぞ。もっとシンプルにそれほど悪くないんだが、ということを発信していく、では駄目ですかね?ヨメさんの友達、私の友達合わせれば、おたく系男子と結婚した女子のコメントはいくつか取れるわけで、そのナマの声を拾っていくだけでもきっと意味がある・・・?

|

« 【書評】生命40億年全史 著者:リチャード・フォーティ | トップページ | 【書評】ブラック・ダリア 著者:ジェイムズ・エルロイ »

630 おたく系」カテゴリの記事

310 ブログ運営」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: おたく系男子は意外といいのだが その2:

« 【書評】生命40億年全史 著者:リチャード・フォーティ | トップページ | 【書評】ブラック・ダリア 著者:ジェイムズ・エルロイ »