« 「アルファブロガー」 | トップページ | 【書評】「プロ編集者による文章上達<秘伝>スクール」 著者:村松恒平 »

2009年1月10日 (土)

【書評】「ひとを嫌うということ」 著者:中島義道

ひとを嫌うということ読了○。

嫌うという心の働きをなんとかしようという本ではありません。どちらかというとそれはそれでしかたない、そういうもんだ、という本です。それもそう諭すのでなく、自身がそうであることからそのメカニズムを分析し切り、そういうもんだ、と納得した、という。

最初にうるさい日本の私 (新潮文庫) 読んだときには、やってることの過激さ(異常さ?)にぶっ飛んだものですが、最近ではずいぶんまるくおなりになって、という気もします。

|

« 「アルファブロガー」 | トップページ | 【書評】「プロ編集者による文章上達<秘伝>スクール」 著者:村松恒平 »

120 エッセイ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【書評】「ひとを嫌うということ」 著者:中島義道:

« 「アルファブロガー」 | トップページ | 【書評】「プロ編集者による文章上達<秘伝>スクール」 著者:村松恒平 »