« 【書評】生かされて 著者:イマキュレー・イリバギザ  | トップページ | 【書評】アスペルガー的人生 著者:リアン・ホリデー・ウィリー »

2009年1月14日 (水)

【書評】軍師の門 著者:火坂雅志

軍師の門読了○。二人の名軍師、ご存知竹中半兵衛と黒田官兵衛のお話。

この二人が出てくる歴史モノは多いよね。司馬遼太郎だと「播磨灘物語」とか「功名が辻」、高橋和島の「竹中半兵衛」とか「黒田官兵衛」。従来は竹中半兵衛=半分仙人みたいなイメージで、どっちかっていうと半兵衛が主役級で官兵衛が脇役ってのが多かったと思います。

なんとゆーか軍師の門では半兵衛もちゃんとした「武将」として描かれていますね。この人の本は始めて読みました。ちょっと文章が生硬?体言止め多いしなー。

史料をつなぎ合わせて従来とは別のスジを通す=主役を立てるのが得意で、脇役をきちんと描く、そのためにお話をつくる、というのは苦手若しくはきらい、な方だとお見受けしました。

お話としてのふくらみ、遊びはないのですが、歴史モノの王道という感じがします。

|

« 【書評】生かされて 著者:イマキュレー・イリバギザ  | トップページ | 【書評】アスペルガー的人生 著者:リアン・ホリデー・ウィリー »

110 小説」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【書評】軍師の門 著者:火坂雅志:

« 【書評】生かされて 著者:イマキュレー・イリバギザ  | トップページ | 【書評】アスペルガー的人生 著者:リアン・ホリデー・ウィリー »