« 引用、娯楽関連 | トップページ | 【書評】「脳がほぐれる言語学」 著者:金川欣二 ちくま新書675 »

2008年12月14日 (日)

塾講師のバイト

アルバイト塾講師のバイトはやったことがない。家庭教師止まりだな。前に書いた登校拒否の高校生の話。そいつが社会人になってから一度会って焼肉を食べたことがある。元々ガタイのいいやつだったが、益々筋肉がついてある種の迫力を醸していた。なにやってんの?と聞くと葬儀関係とだけ言って詳細は言いたがらないふうであったが。でもそれなりにきちんと社会人してて、安心したとゆーか感動したとゆーか。

思い出した。そもそもこいつとはゲーセンで知り合ったんだった。大学時代、ゲーセンの管理人のバイトしてた時になんとなく仲良くなり、話をしているうちに学校に行ってないという話になり、じゃ俺が家庭教師してやるよ、という話になった。主に数学を教えたが集中力がなくすぐに話が脱線する。こっちも友達の延長線上みたいな感覚で始めたものだから軌道修正が出来ず「先生先生くりいむレモンのビデオあるよ」「ん?・・・見ようぜ」、こりゃあかん、と1ヶ月ほどでやめにした覚えがある。

家庭教師としては役立たずであったが登校拒否の彼にはゆるくていい仲間だったのだと思う。その後もゲーセンでは会っていたのだが管理人のバイトをやめると接点がなくなったのであった。

今も葬儀関係やってんのかどーかわかんないけど、おくりびと、見てませんが、予告編見るとやっぱ社会的には偏見もたれてつらい仕事なんでしょうかね。いいたがらないふうを無理に言わせる野暮はしなかったが、逆に聞いてやればよかったかな、とも今思う。難しいもんですな。

元気でやってる?

|

« 引用、娯楽関連 | トップページ | 【書評】「脳がほぐれる言語学」 著者:金川欣二 ちくま新書675 »

600体験」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 塾講師のバイト:

« 引用、娯楽関連 | トップページ | 【書評】「脳がほぐれる言語学」 著者:金川欣二 ちくま新書675 »