« DVDバーニング | トップページ | 【書評】「いやな気分の整理学」 著者:岡野守也 (生活人新書) »

2008年12月29日 (月)

花粉症

花粉症、いやだよね。私の場合はスギ花粉でなく秋の植物(特定できていません)が原因らしく、秋口~年末が地獄になります。目が痒い。くしゃみが止まらない。目の周りが赤く腫れ、カサカサになる、等々。

今年はずいぶん楽。藁をもすがる気持ちで西洋フキのエキスとゆー奴を入手し、おっかなびっくり、飲んでいるところ。これもこの前から続いているマイブームのハーブ活用の一環である。本来の好みから言うとハーブティーで飲むのが一番安心なのだが、西洋フキは行きつけのハーブ屋さんに置いてなかったんで、ネットでいろいろ調べてやっとエキス(錠剤)にたどり着いた次第。Nec_0006

例年だと10月と年末の2回、症状のピークが来る。10月が鼻炎中心、12月が眼の炎症中心。特に年末の症状はここ数年おもく、楽しかるべき正月休みが気の重いものに成り果てていたのだ。それが今年はまだ一度も眼の洗浄も点眼もせずに済んでいる。

ひとつには大阪と東京の植生の差、ということもあるのかもしれない。大阪にいたころ、近所の公園に行くと一気に症状が突発したりしていたが東京の公園でそういう突発になったことないし。でも軽度の症状は東京だろーが大阪だろーが秋の間はずーっと続いていたのである。それがこのエキスを飲み始めてから一気に軽快した。ちょっとびっくりである。

例年年が明けたあたりから快方へ向かうので、今年はこのまま再発せずにいってくれると大変有難いのだが、さて、どうでしょう?

ちょうどもうすぐ買った分が切れる。年末の運送便休止に備えて備蓄をすべきかどうか、悩ましいところなのだ。どーよ?

↓引用

【初回限定価格】西洋フキのサプリ『ペタドレックス』

|

« DVDバーニング | トップページ | 【書評】「いやな気分の整理学」 著者:岡野守也 (生活人新書) »

410 商品レビュー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 花粉症:

« DVDバーニング | トップページ | 【書評】「いやな気分の整理学」 著者:岡野守也 (生活人新書) »