« TOEIC | トップページ | アスト覚書 »

2008年10月25日 (土)

この市場の混乱をどうやって利益に結びつけるのか、という話

金融関係の株を買う?この先もどんな爆弾が破裂するかわからない。その度に巻き込まれて乱高下されたんじゃたまりません。

じゃ、金融関係の株を売る?とはいうものの各国政府も必死な訳で、いろいろと手を打ってくる。市場にサプライズを与えるべく。売ってたらサプライズ=大損、ですからこれは毎週末心臓に悪い、と思うのです。

そんならお堅い事業会社の株を買う?この先世界経済が減速するのがみえてんのに?今割安に見えてもそれは過去の数字に基づく幻想。

では株はやめてFXか商品先物で勝負?博打としてはありなのかも。博打としてはだが。こんだけボラティリティ高いと一喜一憂しそうでんな。

思うに、アストの株を持つということは、強い博打打ちの外馬に乗るようなもんではないのかしらん。んで、ここまでの推移を見る限り、統合に伴う混乱を収拾して、安定して稼げる体制になってきたような気がします、この博打打ちは。

自社株買いはその宣言でしょう。

今後も暫くは市場の乱高下は続くでしょうけど、乱高下=ボラティリティが高ければ高いほど、プロは稼ぐチャンスが増えますから。こっから先何に投資すべきか迷っている人にとっては、アストの株はボラティリティを安定収益に変換する装置になりうると。

ま、しょせんはポジショントークですけどね。でもまだ小ポジなもんで、全然買い足りてない。そーゆー意味では一服して欲しい。まさか続けて自社株買い発表するなんて思わなかったよなー。

|

« TOEIC | トップページ | アスト覚書 »

510 経済」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: この市場の混乱をどうやって利益に結びつけるのか、という話:

« TOEIC | トップページ | アスト覚書 »